上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
1月8日(月)
稽古3日目でございます。
稽古場に着くと、演助のあきらさんから「G2から長々とメールが届いてますけど、、、」とのこと、それに目を通すと、またまた改訂部分にまつわる鋭い指摘メールが3通でございます。
まぁしばらくはそんなやりとりが続くわけで、ひとまず横に置いといて、、、
稽古の方は、各シーン(章)ごとに、立ちながら合わせまして、細かなニュアンスを確認していくんですな。
升さんが奔放にハッスルすると、それに引っ張られてアッくん(佐藤アツヒロ)もはじける。
そこに、歌舞伎役者独特の空気感を漂わせて市川笑也さんがからむと、なんとも不思議な世界。
大阪弁のイントネーション、セリフまわし、言葉遣い、ギャグ、動き(仕草)などなど、数えきれないほどの演出ポイントを確認しつつ、空気がちょっと停滞しかけますと、松尾貴史さんの天才的な声色(ここは、本番のお楽しみでございます)が炸裂しまして、大笑いが巻き起こる、という、稽古八景・・うだうだ百景、3日目でございました。
スポンサーサイト

|01-08|東野ひろあき||TOP↑

G2produce

『地獄八景‥浮世百景』
監修=桂米朝
脚本=東野ひろあき
演出=G2
くわしくはこちら
Author:G2produce

最近の記事

カテゴリー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。