上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|-----|スポンサー広告||TOP↑
1月6日に、顔合わせ・読み合わせがあり、早や10日が経ちまして、稽古の方は、日々、三つか四つの章の言いまわしや基本の動きを、丹念に確認・訂正しつつ、着々と進んでおります。
脚本上は、26の章に分かれておりますので、そろそろすべての章の基本確認が済みそう、といったところでございます。
もちろん、それを踏まえて、稽古はここからさらに次の段階に進み、いよいよ感情・間・仕草・セットとの連動・着替えなど、本番に向けて、よりリアルなものになっていくわけですな。

さて、今回の舞台の肝は大阪弁でして。
舞台情報雑誌の記者さんに取材していただいた時にも話したんですが、
「この1冊の舞台情報誌に、日本中で行なわれる何百もの公演が紹介されてますが果たして、大阪弁の芝居は何本あるでしょう?」と考えると、おそらくほんのわずか。
しかも、パブリックシアターというような大きな舞台でとなると、皆無に近いんやないかと思うんですな。
それも、今の大阪人でさえ使わないような言葉や言い回しがいっぱいあるので、関西人ではない役者さんたちにとっては、それはもう外国語習得と同じぐらい難しい。

なかでも、主役の若旦那を演じる佐藤アツヒロさんには、物凄い量の未知の言語を覚えてしゃべりまくる、という課題があるわけで、その苦労たるや尋常やおません。

たとえば「何を言うてんねや」というセリフを口にすると、別の誰かが「いや、違う違う、"何を言うてんねや"」とイントネーションを教えます。
そして、それを真似て「何を言うてんねや」とやってみますが、微妙に違う。
で、また「こう言うねん、いい、よう聞いて。"何を言うてんねや"、はいどうぞ」
アッくんは何度も吟味して「何を言うてんねや」
皆が「それそれ!」
……文字で書いても、何のこっちゃわかりませんけどね。

佐藤・高橋・笑也の三人だけではなく、小松君も
「僕、今は大阪ですけど、実は栃木出身で、それからいろいろ転々としてまして、もうむちゃくちゃなんです」とのことで、皆さん、相当な苦労と努力をしてはる稽古場でございます。
ちなみに、出口結美子さんは、大阪人なのに、セリフになるとどういうわけか、"東京の人がしゃべる大阪弁"になってしまい、コミカルです。

落語の芝居というだけやなしに、そんな大阪弁ワールドも御堪能下さい!
スポンサーサイト

|01-17|東野ひろあき||TOP↑

G2produce

『地獄八景‥浮世百景』
監修=桂米朝
脚本=東野ひろあき
演出=G2
くわしくはこちら
Author:G2produce

最近の記事

カテゴリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。